尿酸値の検査方法として代表的なのは、以下の三つです。 ・医療機関での尿酸値検査 ・健康診断 ・検査キット 一番手っ取り早く尿酸値の検査ができる方法は、医療機関での尿酸値検査でしょう。 最寄の病院の内科などに行って血液検査をしてもらうだけで、尿酸値を知ることができます。 医療機関での尿酸値検査は、血液検査を行うことがほとんどですが、一緒に尿検査を行うこともあります。 どちらも特に難しい検査ではありませんから簡単にできますし、結果もすぐにわかるはずです。 次に、健康診断ですが、健康診断でも尿酸値を測定することができるでしょう。 ほとんどの健康診断で、尿酸値の検査が行われていますから、定期的に健康診断を受けることをオススメします。 最後に、検査キットですが、最近では、病院に行かなくても、自宅で尿酸値を測定することができるのです。 自分で採血なんてできない!と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。 指先に専用の針を少し刺して採血しますので、注射器での採血と比べると全然痛くありません。 採血したら、検査機関に郵送します。 すると、後日、検査結果が郵送されてくるという仕組みです。 時間がない人や注射器が嫌いな人は、検査キットを利用するといいかもしれません。